お弁当のおかずとしても大人気メニューの南蛮漬け。カラッと揚げたお魚や鶏肉を、お酢で作ったマリネ液に浸すことで、旨みを引き出します。

南蛮漬けをうまく美味しく作るコツは何点かありますが、小さめの具を使い、たっぷりと作ったタレの中に漬けるのが基本です。一緒に、軽く加熱調理した野菜を漬け込むと味がしみて美味しいですし、付け合わせができるので一石二鳥です。

マリネ液の主役はお酢で、砂糖と一緒にあらかじめ煮立てた「甘酢」を使いましょう。ここにお好みで香草(ハーブ)やにんにく・鷹の爪の小口切りやレモンのしぼり汁を入れると、風味がアップして食欲をそそります。

もともと揚げ物は高カロリーですし、食べた後の重い感覚が嫌だと敬遠する方も多いですね。ですが南蛮漬けは、揚げ物の油の消化・分解をお酢がサポートしてくれるため、「もたれにくい揚げ物」「ダイエット向けの揚げ物」メニューである、ということができます。また、小魚などの骨ごと食べられるため、栄養素として欠かせないカルシウムやミネラルが、たっぷり摂れる一品でもあります。

(Author)
No description.Please update your profile.

View all post by osuzukikko