夏に旬を迎えるナスは油との相性も良い野菜ですから、たっぷりの油で揚げながらも、さっぱりといただきたいところです。そこで夏のメニューに加えたのがナスの煮浸しであり、口当たりをあっさりとさせるために、調味料にはお酢を加えます。ほかにも醤油と砂糖を加えて、好みで細ネギを刻んだり、すりおろしたしょうがを加えるのも乙な味わいです。食べやすいサイズにツヤの良いナスをカットしたら、しばらく水を張ったボウルに入れますが、これであく抜きになります。油を使うので水分が付いたままだと油が跳ねるため、あく抜きをしたら清潔な布やキッチンペーパーで、しっかりと水分を切っておくのもコツです。フライパンに油を入れて温めたら、夏野菜を入れてこんがりと焼きあげます。両面を焼きますので、片面に焼き目がついたら、ひっくり返して裏面も焼いて、両面をこんがりと焼いたら調味料につけますが、熱がまだ残っているうちに漬け込むのがポイントです。油分はしっかりと切って、お酢も加えた調味料に漬け込み冷やして食べると、夏のメニューの定番になるほどの美味しい一品になります。お酢が加わることで油分がかなりマイルドになり、べたつきのないさっぱりメニューになるので、ご飯もすすんで体力もアップです。

(Author)
No description.Please update your profile.

View all post by osuzukikko