合わせ酢は万能なお酢

合わせ酢はお酢と他の調味料を合わせたものになります。寿司酢も合わせ酢のひとつです。合わせ酢で料理の手間が省けて、なおかつおいしい料理がさっとできるのが特徴です。手軽に使えて便利で人気な合わせ酢を通販でまとめて購入しても良いくらいの商品です。今日はそんな合わせ酢の作り方をご紹介いたします。

合わせ酢の基本的な作り方

合わせ酢とは酢に他の調味料を合わせたものです。今回は基本的に使える様々な合わせ酢をご紹介します。

二杯酢は醤油酢とも呼ばれ、砂糖は使用しません。作り方は酢が大さじ2、醤油が大さじ1の割合です。お好みでだし汁や塩などを入れてもよいでしょう。海藻や魚介類などの酢の物に合います。

次に三杯酢は砂糖を使用をし、甘味を出すのでどんな食材にでも合う万能調味料です。作り方は酢が大さじ3、砂糖が大さじ2、醤油が大さじ1の割合です。お好みでだし汁を入れてもよいでしょう。

次に土佐酢は三杯酢にかつお節を加えてひと煮たちさせ、こして使用します。かつおの旨み成分によりマイルドな味わいになります。作り方は先程の三杯酢にかつお節3グラムを加えます。

次に甘酢は酢と砂糖を加えるだけのシンプルな合わせ酢です。作り方は酢が大さじ3、砂糖が大さじ2の割合です。お好みで塩を入れてもよいでしょう。野菜の甘酢漬けなどがオススメです。

次にゴマ酢はゴマのコクが広がり、たたきゴボウなどがオススメです。作り方は酢が大さじ3、砂糖が大さじ2、みりんが小さじ4、あたりゴマが大さじ3の割合です。お好みで塩を入れてもよいでしょう。

次に南蛮酢は揚げた魚や肉や野菜を絡めて南蛮漬けを作るのに使用する合わせ酢です。作り方は酢が大さじ2、醤油が大さじ2、砂糖が小さじ1、ゴマ油が大さじ1、赤唐辛子が1/2個の割合です。お好みで塩やみりんを入れてもよいでしょう。

次にピクルス液は野菜によく合います。作り方は酢が1/2cup、水が1cup、砂糖が大さじ1、塩が大さじ1/2、ローリエが1~2枚、グローブが10粒、赤唐辛子が2本、胡椒が少々の割合です。酢以外の調味料をひと煮たちさせ、冷ましてから酢を加えましょう。

次にすし酢は散らし寿司、巻き寿司、いなり寿司などに使用出来ます。作り方はご飯2合に対して米酢が40ml、砂糖が20グラム(約大さじ2)、塩が10グラム(約小さじ2)の割合です。黄金比は米酢が4、砂糖が2、塩が1の割合で覚えるとよいでしょう。