PR|毎日の献立にオススメ時短調味料調味料の購入は便利な通販で簡単レシピは万能調味料で

お酢など調味料の組み合わせで料理のレパートリーは無限大

料理上手になりたい、レパートリーを増やしておうちご飯を充実させるには、様々なアプローチ方法が必要となります。手っ取り早い手法の一つとして、「手持ちの調味料のバラエティを増やす」ことです。現在は輸入食料品店に行けば、エスニックな調味料等も各種揃っているのでぜひ利用したいもの。ですがもう少し慣れた食材から攻めたい…というのであれば、おすすめの合わせ酢で時短調理が可能な自作バラエティを増やすことです。作るのが手間ということであればおいしいくて手軽な三杯酢が通販に多数あります。

お酢は穀物酢・米酢・ワインビネガーと各種ありますが、各ご家庭で慣れ親しんだものがあるのなら、それをベースに変わり酢としての合わせ酢を作成できるようにしてみましょう。

合わせ酢は種類が豊富

ベーシックな所では、二杯酢や三杯酢があります。これは旬の食材を使って酢のものを作ったり、お刺身や鍋料理に利用できますので、「もう一品を増やしたい」「いつものシンプルなお料理に変化をつけたい」という場合に最適です。レシピは基本的なものが料理本や指南サイトに出ていますので、気軽にトライしてみましょう。

もう一つ、覚えておきたい基本的な合わせ酢が「甘酢」です。これはその名の通り砂糖で甘味を付けた合わせ酢ですが、この合わせ酢で季節の野菜を簡単にピクルスにできる他、ビネグレットソースなどの洋風料理にも応用できますので、かなり汎用性が広い合わせ酢だと言えます。

甘酢のレシピには料理家・あるいは地方によってバラエティがありますが、できるだけ素材を厳選し、簡素なレシピで通した方が作りやすいです。基本的にお酢と砂糖があればいいのですが、白砂糖ではなくきび砂糖を使用し、まろやかで酸味のきつくないお酢を使うといいでしょう。

合わせ酢の保管方法

最後に合わせ酢の保管方法ですが、前述したような甘酢などのシンプルな合わせ酢であれば、煮沸消毒したビンなどに入れてひと月ほどは冷蔵庫保管ができます。それに比べると、かつお節を入れた土佐酢などはどうしても保管が効かないので、できるだけ早く消費するよう心掛けましょう。はじめにあまり作りすぎない、という所もうまく使うポイントです。

 

 

クリニック集客ノウハウ病院ナビ病院ラボ病院の教科書クリニックナビクリニックラボクリニックの教科書病院ネット医療ナビ医療ラボ健康ナビ